笑顔の女性

カンジタの発症を防ぐ為の清潔習慣❘性病STOP

デリケートに優しく

笑顔の女性

以前と比較して、吸水性の高いナプキンが新商品として登場しているので、月経時に経血の漏れが心配されることはないでしょう。しかし、ナプキンを装着している間は、デリケートゾーンの湿気はこもりやすくなります。湿気がこもることで雑菌が繁殖しやすく、肌がかぶれてしまうことがあるでしょう。ナプキンによってかぶれる女性は多くいます。問題を解消する為には、装着しているナプキンを頻繁に取り換え、入浴時にしっかりと経血を洗い流し、清潔な状態を保つことにあります。

ナプキンを装着する際には、締めつけ感のあるストッキングはなるべく着用しないようにしましょう。仕事の制服上、どうしてもストッキングの着用が必須となる場合は、月経専用のスットキングにするといいでしょう。デリケートゾーンの部分が開いた仕様となっているので、デリケートゾーンがストッキングによる締め付けを生じさせることがありません。また、ストッキングを全ておろす必要なく手軽にナプキンを取り替えられるので、とても利便性が高いものだと言えるでしょう。

どうしてもナプキンによってデリケートゾーンがかぶれてしまったら、入浴時に強くこすって洗うことを避けましょう。ただでさえ、刺激の強いせっけんによってかぶれやすい箇所となります。かぶれによる炎症が強い場合は、せっけんを用いることなく、ぬるま湯で経血を洗い流す程度に洗いましょう。炎症が緩和されない場合は、婦人科へ行って相談することです。婦人科では炎症の状態を確認して、最適な外用薬を処方してもらえるので、塗布を続けることでかぶれの症状がみるみる改善していきます。