笑顔の女性

カンジタの発症を防ぐ為の清潔習慣❘性病STOP

気になる形を形成

女の人

女性が抱える悩みには、プライベートなものとなるものもあります。特にデリケートゾーンに関するものは、誰にも相談しにくいものとなるでしょう。膣の入口となる小陰唇は、ときに片方、または両方が肥大することがあります。相当肥大する人の場合、直立した状態で正面から見たときに、ぶら下がっている様子が分かるほど肥大することもあるのです。肥大した小陰唇は、通常時とは異なりこすれが生じ、痛みや黒ずみの原因となるでしょう。また、肥大したスペースの裏側に恥垢が溜まりやすくなり、衛生面においても雑菌の繁殖を促進させてしまいます。大阪にある婦人科では、そういった問題を解消する為に小陰唇縮小手術を行なっているでしょう。小陰唇縮小手術によって、肥大した部分を切除し、綺麗な形へと形成するのです。

大阪には、小陰唇の肥大を性行為のパートナーに指摘され、大きなコンプレックスになっている女性も多くいるでしょう。婦人科で行なわれる縮小手術の前には、術法や整える形について、詳しく担当医と話せるカウンセリングが設けられます。コンプレックス解消の味方となる担当医に、気になることは全て確認しておきましょう。大阪にある婦人科では、いくつかの術法を備えて形成を行なっています。レーザーや高周波機器、ヒアルロン酸注射や、直接メスを用いた縮小手術を行なうことがあるので、肥大の軽度、中度、重度によって最適な術法が提案されるでしょう。大阪の婦人科を利用する際には、無料で相談を受けているので気軽に足を運びやすいものです。